太陽光発電設備点検サービス|RunningDreams有限会社は総合ビルメンテナンス事業を中心にアルカリ電解イオン水の販売も行っております。

Running Dreams 有限会社
inspection_img01

太陽光発電設備点検サービス

太陽光発電設備の異常にいち早く気付き、トラブルを未然に防ぐ

「メンテナンスフリー」の謳い文句で広がった太陽光発電設備ですが、ふと気づくと発電量の低下や、発電そのものが止まっている場合があります。
トラブルの兆候は必ず出ていますが、常に監視し続ける事は難しいもの。
正しい対処を的確に行う為に、プロによる定期点検をランニングドリームズは提案致します。

点検はなぜ必要なのか

2017年4月のFIT法改正により太陽光発電設備設置後の点検が、実質の義務化となりました。
ランニングドリームズではメンテナンス事業者としての知識により、施工時に見落とされた初期不良や、今後のリスクに気付く事が出来ます。

また、定期点検によりトラブルが起こる、悪化する前に、未然に防ぐこともできます。
異常やトラブルの兆候が確認できればすぐにオーナー様に連絡し、必要なサービスを提案します。

inspection_img02
トラブル事例

●環境による事例

 ▶ 汚れ(ホコリ、鳥のフン)や雑草による日照量の低下

inspection_img03
inspection_img04
洗浄の詳細はこちら
除草の詳細はこちら

●時間経過で起こる事例

 ▶ 経年劣化や架台のネジの緩み

inspection_img05
inspection_img06
メンテナンスの詳細はこちら

●事故等、突発的な事例

 ▶ 異常発熱や配線の盗難

inspection_img07
inspection_img08
メンテナンスの詳細はこちら

安定した発電のためには定期的な点検を行うことで、
トラブルにいち早く気付き、被害や損失を減らすことが重要です。

資格について
太陽光発電メンテナンス技士資格保有

※画像をクリックすることで、JPMAホームページへ移動します。

「太陽光発電メンテナン技士」資格は一般社団法人 太陽光発電安全保安協会(JPMA)が発行する資格です。

資格の取得により、太陽光パネルの洗浄方法、設備の点検が必要な箇所、トラブルへの対応方法といった、施工業者の立場では見落とされがちな専門知識も把握しています。

そのため太陽光発電設備設置後に、施工店だけでは見つけられなかった初期不良なども、メンテナンス事業者としての専門知識を持った第三者の視点から点検し、判断が可能になります。

※その他、低圧電気取扱者の資格も有しているため、発電出力が50kW未満の太陽光発電設備を点検、メンテナンスする場合、より充実した知識の下に対応することが可能です。

お問い合わせはこちら