太陽光発電設備洗浄サービス|RunningDreams有限会社は総合ビルメンテナンス事業を中心にアルカリ電解イオン水の販売も行っております。

Running Dreams 有限会社
washing_img01

太陽光発電設備洗浄サービス

太陽光発電設備の長期運用のため、劣化を防ぐことが重要です

汚れによる発電量の低下は年間1%ずつほどと言われ、基本的には雨で対処できるよう設計されています。
一方で、汚れにより影が生じるほどになると異常発熱の原因となったり、ガラスの被膜を痛めてしまうなどパネルの劣化を早め、発電量が落ちてしまいます。

パネルの寿命は平均20年と言われ、該当期間の安定した発電のためにも洗浄が重要です。

パネルの汚れによる発電量低下

季節、周囲の環境により汚れ方や汚れ具合は異なりますが、太陽光パネルは常に屋外で雨風にあたることで、環境からの汚れが発生します。
軽度のものでも徐々に蓄積され、洗浄していない場合とでは、確実に発電量に差が出ていきます。

washing_img02
汚れの種類

●ホコリ、花粉、黄砂等

washing_img03
washing_img04

少しずつ蓄積されていく汚れは、長く放置し過ぎると洗浄も困難になってしまいます。

●火山灰、雪

washing_img05
washing_img06

パネルを覆ってしまう汚れです。発電量が著しく低下する場合もあります。

●鳥のフン

washing_img07
washing_img08

部分的な汚れです。
特定箇所だけが発電できない、といった状況は故障につながりやすく、異常発熱などの原因にもなります。

ランニングドリームズが行うパネル洗浄

パネルの洗浄と言えど、正しい知識のもとで行わなければパネルを傷つけてしまったり、時には感電してしまう危険性も…

ゆえに、「太陽光発電メンテナンス技士」資格を所有するランニングドリームズでは正しい知識のもとで洗浄を行いますので安心、安全です。
同時に不具合や異常に気付けばすぐに点検やメンテナンスをご提案することができます。

また、発電設備の設置状況次第では、パネル枚数が多く自社対応が困難な場合や、高所作業により危険が伴う場合もあります。
そんな時にこそ、専門家であるランニングドリームズにお任せください。

お問い合わせはこちら